裁判離婚

離婚訴訟による判決に基づく離婚のことです。
離婚訴訟を提起するためには、原則としてはまずは相手方の住所地を管轄とする家庭裁判所に離婚調停の申立を行い、離婚調停が不成立になった場合に、初めて離婚訴訟を提起できます。
離婚訴訟では、離婚請求だけではなく、子供の親権者のこと、子供との面会のこと、養育費・財産分与・慰謝料・年金分割などのお金に関することなども同時に解決することが可能です。