有責配偶者

主として婚姻関係が破綻した原因が一方の配偶者にある場合、その配偶者を有責配偶者といいます。
一方の配偶者が不貞行為をしたことが原因で婚姻関係が破綻した場合、一方の配偶者の暴力や精神的な虐待で婚姻関係が破綻した場合、その一方の配偶者が有責配偶者になります。
有責配偶者による離婚請求の場合には、裁判所は、別居期間、未成熟子の存在、離婚により相手方配偶者が精神的・社会的・経済的に過酷な状態におかれるかどうかを判断し、離婚を認めない場合もありますので、注意が必要です。