親権

離婚の際に未成年の子がいる場合には、必ず配偶者の一方を親権者と定める必要があります。
親権には、未成年の子の身上監護権と財産管理権があるとされており、身上監護権には、子の監護・教育をする権利、居所を指定する権利、子を懲戒する権利(但し、教育上必要かつ相当な方法に限る)、職業を許可する権利などがあります。
財産管理権は、子の財産を管理し、財産上の法律行為を行うときは、代理をしたり、同意を与えることができる権利です。