財産分与

財産分与とは、離婚する際には、夫婦の婚姻期間中に築いた財産を、配偶者の一方から片方に分け与えることをいいます。
財産分与には、(1)夫婦の財産関係の清算、(2)離婚に伴う慰謝料、(3)離婚後の配偶者の扶養料という意味が含まれています。
(3)の離婚後の扶養料としての財産分与は、(1)と(2)がほとんど認められない場合に問題になります。
夫婦が協力して形成した財産とは言えない場合、例えば、婚姻前から所有していた財産や相続により取得した財産については、財産分与の対象にはなりませんし、配偶者の一方が結婚生活とは関係なく背負った借金についても財産分与の対象にはなりません。
財産分与の割合は、財産の維持や形成に対する貢献度によって決まりますが、調停や裁判では、財産分与の割合は2分の1で行われているケースが多いようです。