離婚に伴う慰謝料

一方配偶者による背信的な行為により他方配偶者が精神的苦痛を被った場合、その精神的苦痛を慰謝する金銭が慰謝料です。
典型的な場合は、一方の配偶者に不貞行為があったり、暴力行為があった場合などに慰謝料を請求することになります。
慰謝料は、一方の配偶者の有責行為の態様・他方の配偶者の精神的苦痛の程度、結婚から離婚に至るまでの経緯・婚姻費用の支払いが行われたか、婚姻生活に協力していたか、などそれぞれのケースに応じて個別的に判断されます。