調停離婚

夫婦間で話合いができない場合や話合いがまとまらない場合には、相手方が行方不明の場合などを除き、まずは家庭裁判所の調停によって離婚をします。これを調停離婚といいます(裁判所では離婚調停を「夫婦関係調整調停」と呼んでいます)。
離婚調停は、原則としては相手方の住所地の家庭裁判所に申立をします。調停では、調停委員がお互いの言い分を聞いて、お互いの話合いで解決をはかります。
調停では、離婚のみならず、子供の親権者のこと、子供との面会のこと、養育費・財産分与・慰謝料・年金分割などのお金に関することなども同時に話合いをします。
調停が不成立に終わった場合には、離婚訴訟を提起して解決をはかることになります。