不動産の財産分与(お金のこと)

  1. 財産分与とは、夫婦の婚姻期間中に形成した財産を離婚に際して、配偶者の一方から片方に分け与えることをいいます。

  2. まず、不動産が配偶者の一方の単独名義になっている場合、他方の配偶者に財産分与ができるかが問題になります。
    財産分与は、夫婦が協力して形成した財産を精算する手続なので、財産が配偶者の一方の名義になっていても、財産分与の対象になる場合があります。会社が個人経営の場合には、その会社の財産も財産分与の対象になる場合があります。
    逆に、夫婦が協力して形成した財産とは言えない場合、例えば、婚姻前から所有していた財産や相続により取得した財産については、財産分与の対象にはなりません。

  3. 次に、不動産の評価ですが、不動産鑑定士によって時価を評価するのが正確な評価方法だと思いますが、不動産業者に査定をしてもらう方法や、路線価や公示価格等を基準に評価を算出する方法もあります。

  4. そして、不動産の場合には、単純に2つに割ることができないので、どのように財産分与をしたらいいのか問題となります。
    不動産以外に、預貯金・有価証券などの財産があれば、不動産を分けることなく、他方配偶者に分与することも考えられますが、なかなかそのようにうまくいかない場合も多いです。
    特に、住宅ローンが付いている住居の場合は話が単純ではありません。
    基本的には、不動産の価格が住宅ローンの残高を上回っている場合には、住宅を売却するか、住宅の査定金額から住宅ローンの残高を引いて、その残額を財産分与するという方法がとられる場合があります。
    また、不動産の価格が住宅ローンの残高を下回っている場合には、一方の配偶者が住宅にそのまま居住し、住宅ローンを支払い続ける方法などもあります。